完全食がサポート!長距離トラック運転手の安全で健康的な生活!

完全食がサポート!長距離トラック運転手の安全で健康的な生活!

既に大きなメディアで取り上げられた「完全食」ですが、様々な職場で活用されています。物流業界ではトラック運転手に福利厚生として完全食の提供を始めた会社もあります。今回は物流業界の長距離トラック運転手にスポットを当て、完全食の活用を考えてみましょう!

 

サヨコ

急成長中の物流業界ですが、ときにその労働環境が問題になることもあります。今回はそんな物流業界の働き方をサポートしている完全食の役割を見ていきます!

長距離トラック運転手の悩みにはどのようなものがあるか?

 

長距離トラック運転手の悩みにはどのようなものがあるか?

長距離トラック運転手は地場の運転手と違い、労働時間が不規則でなかなか家に帰ることができないという特殊な働き方をしています。そうした運転手の悩みは食事のあり方や、健康の悩みが多いかもしれません。

雇用促進が進む物流業界

今では長距離トラック運転手はGoogle mapなどで大型トラックが通れるかを予め検索することができ、ストリートビューでその道を予め確認することができるようになりました。そのため、トラック運転手自身が道を覚える必要がなくなりました。

Amazonなどでの通信販売の一般化によりトラック運転手の需要が高まり、各運送会社での労働条件の見直しと雇用条件の改善が加速して進んでいます。

 

ユカ

家電製品とかはレビューが見れるからほとんどAmazonで買っています。すぐに届くし。

ケースケ

僕は本とか身近なものまでAmazonを使うことが多いな。

長距離トラック運転手のメリット

長距離トラック運転手は、ほとんどの場合に歩合制を導入されているために「運転するだけ稼げる」という給与体系です。そのため、やりがいを感じる人も多いでしょう。また、荷物のやりとり以外ではトラックをひたすら運転するという職業であるために、人間関係で悩むことが少ないという特徴があります。

長距離トラック運転手は一般的なビジネスマンとは働き方が大きく異なるため、向き不向きがハッキリしている職種であると言えるかもしれません。運転以外の特殊な知識や能力を求められるわけではないため、50代でも転職先として考えられる仕事です。

 

タケル

基本的にはずっと運転だから好きな人には良い職場だよね。自己管理が大変そうだけど…。

長距離トラック運転手の悩み

長距離トラック運転手の悩み

長距離トラック運転手は、地場のトラック運転手と異なり拘束時間が長く、なかなか家に帰ることができません。そのため食事はほとんどコンビニエンスストアのお弁当や高速道路のパーキングエリアのフードコートなどで食べることになります。

つまり、3食分の食費が非常に大きくなります。1食あたり800円だとしても1日に2,400円。それに眠気防止にガム、コーヒー、レッドブルなどを1日に消費することもあるかもしれません。その場合、月の食費が7万円~10万円ほどになってしまいます。

 

ケースケ

1ヶ月の食費が10万円?

サヨコ

外食が多いとどうしてもそうなってしまうのです。

また、その栄養バランスも問題です。揚げ物や定食などが主な食事でどうしても栄養が偏ってしまいがちになる運転手も多いのです。

こうした長距離トラック運転手にある意味では革命的と言える食べ物が開発されました。それが「完全食」です。

完全食が長距離トラック運転手の安全で健康的な生活を促進させる

 

完全食が長距離トラック運転手の安全で健康的な生活を促進させる

「食べ物IT革命」と各メディアでも大きく取り上げられた完全食は、長距離トラック運転手に安全で健康的な生活を促進させる食べ物です。その特徴を簡単にお伝えしたいと思います。

完全食とは何か?

完全食とは2013年にアメリカで開発された新しい食べ物です。一言で説明をすると、「人が必要とする全ての栄養素が摂取できる食べ物」です。現在日本でも開発が進み、グミ、ドリンク、パン、パスタなどの商品が販売されています。

完全食は1食あたり、日本の栄養素等表示基準値(18才以上、基準熱量2,200kcal)の1/3以上の栄養を摂取することができます。つまり、3食完全食を食べ続けるだけで過不足なく全ての栄養をバランスよくとることができるのです。

この考え方は極めて革命的であり、現在でも多くの食品会社が新しい商品開発を行っています。現在日本で購入できるのはCOMP、ベースフード、日清食品から販売されている商品となります。

 

タケル

このあたりの説明は他の記事も読んでみてね!

栄養バランスが良いと体にどのような変化が起きるのか?

長距離トラック運転手が、毎日食べている食事ではなかなか摂取できない栄養素としてはビタミンB群、食物繊維、ビタミンEなどがあげられます。

 

サヨコ

緑黄色野菜や果物などを食べる機会が少ないことがわかりますね。

これらの栄養素を摂取することで、代謝が良くなり体が疲れにくくなります。また、生活習慣病の予防にもつながり、アンチエイジングに良い効果があります。

長距離トラック運転手は常に運転中は危険と隣り合わせの職業です。そのため、体の疲れは判断力の低下を促し大きな事故を起こす要因となる危険性があります。それを防ぐために普段の食事を完全食に置き換えることで栄養のバランスを保つことができるのです。

完全食は多くのメディアにも取り上げられているため、長距離トラック運転手でも活用している人は徐々に増えています。パン、ドリンク、グミタイプの完全食は特に調理を必要としないためにトラックの中に常備しておけば気軽に摂取することが可能です。

 

ケースケ

完全食を支給している会社が話題になっていたよね!

長距離トラック運転手が完全食をとりいれるメリット

長距離トラック運転手が完全食をとりいれるメリット

長距離トラック運転手が完全食を活用するメリットは大きく3つあります。

  • 健康維持
  • 食費の節約
  • 安全な運転の促進

栄養のバランス維持は健康につながる重要な要素です。また、完全食は価格もそこまで高い商品ではないため、3食を外食している運転手は食費の節約になります。ベースフード社が発売しているベースブレッドは1食パン2個入りで390円(税別)です。

日本発!「主食としての完全食」の完成、ベースフードについて。
日本発!「主食としての完全食」の完成、ベースフードについて。
現在国内ではBASE FOOD(ベースフード)、All-in PASTA、COMP、REATの4つの完全食ブランドが展開されています。今回はその中からベースフードをピックアップして…

また、これが最も重要なのですがジャンクフードや栄養補助食品だけの食生活は、疲れや眠気の原因となります。将来の生活習慣病の原因となるだけではなく、長距離トラック運転手の場合は事故を招く危険性があるのです。完全食を活用することでこれらの危険性を下げることができるでしょう。

完全食の味はどうなの?

完全食はもちろん商品にもよりますが、一般的な食事より味は落ちているかもしれません。ベースブレッド(パン)が最も一般的に販売されている味に近いと言えます。まずはこちらを試してみるのも良いでしょう。気になった人は他のレビュー記事なども参考にしてみてください。

 

タケル

まあ、栄養を重視している食べ物だからある意味個性は強いよ、正直。

ユカ

最初はちょっと違和感あるかもね(笑)

完全食は必ず1日に3食これだけを食べなければならないというものではありません。長距離トラック運転手であれば、ご当地グルメを食べるという仕事の楽しみもあります。無理せず、少しずつ置き換えて活用してみましょう。

まとめ

 

長距離トラック運転手に完全食がおすすめな理由

通信販売の利用拡大は、世界中の商品をどこからでも購入できる世界を実現しました。しかし、こうした利便性の高い生活を実現できるのも物流業界の努力や長距離トラック運転手のおかげでもあります。

しかし、その結果長距離トラック運転手の労働環境や健康が悪くなってはなりません。完全食の普及はこうした状況をより良いものにするでしょう。まだ完全食を活用していない運転手の方はぜひ、検討してみてください。

 

サヨコ

次回も完全食について取り上げていきます。お楽しみに―