完全食で低血圧を改善できるか考えてみました

完全食で低血圧を改善できるか考えてみました

女性に多い低血圧は高血圧とは違って命の危険はなく、一般的に病気として扱われません。一方で朝が辛かったり、めまいや立ちくらみがするなど日常生活に大きな支障をきたすので、本人にとっては深刻です。低血圧の原因は体質的なものが多いのですが、食生活を改善することである程度の改善が見込めます。そこで活用したいのが栄養バランスに優れた完全食です!

 

サヨコ

低血圧でなかなか朝起きれないという人も多いと思います。今回は低血圧についての勉強と完全食を活用して改善する方法を考えます!

低血圧とは

 

低血圧とは

低血圧とは簡単に言えば血圧が正常な状態よりも低い状態のことです。私たちの体は動脈内の血圧を一定の範囲内に保つことで、血液を全身に循環させています。

ところがさまざまなことが原因で血圧が低下すると、全身に十分な量の血液を供給できなくなり、細胞に酸素や栄養が行き渡らず、代謝不全に陥るのです。

低血圧は一般的に病気として扱われない

低血圧は基本的に命の危険がなく、合併症を引き起こすなど特別な場合を除いて、一般的に病気として扱われません。

一方で低血圧になると朝が辛かったり、めまいや立ちくらみがしたり、冷え性になるなど、さまざまな体の不調に悩まされるようになります。日常生活に大きな支障をきたしますが、病気として扱われないので周囲からはなかなか理解されず、本人にとってはとても辛い病気なのです。

 

ユカ

体調不良が多い女性は、低血圧が理由なことが多いよね…。

低血圧には種類がある

低血圧には種類があり、主に「本態性低血圧」と「起立性低血圧」の二つに分かれています。このうち本態性低血圧は、特に病気ではないのに体質的に血圧が低い症状で、比較的若い人に多いとされています。

もう一つの起立性低血圧は、横になった状態または座った状態では血圧が正常なのに、立ち上がった状態または長時間立ち続けると大きく血圧が低下するのが特徴で、高齢者に多いとされています。

低血圧の原因

低血圧の原因は、無理なダイエット偏った食事といった生活習慣によるものから体質によるもの、心臓機能の低下などさまざまです。

下痢をしたり大量に汗を掻くと血液量が減少して血圧が下がりやすくなります。アルコールや降圧薬によって血管の拡張が促され、血圧が下がることもあります。

医薬品とサプリメントを併用している方は、相互作用で血圧が下がる場合があるので予めかかりつけの医師または薬剤師に相談してください。

また立ち上がると血圧が下がる起立性低血圧は、心臓が血液を送り出す力、その血液を受けて血管が心臓に送り返す力、そのどちらかまたは両方が低いことで引き起こされます。

 

ケースケ

僕もたまに急に立つと眩暈がすることがあるな…。

食生活を見直して低血圧の改善に繋げる

 

食生活を見直して低血圧の改善に繋げる

一言で低血圧と言っても原因によって対処法が異なります。心臓機能の低下が見られる場合は、心不全や不整脈などで血圧が下がっていることが考えられるので、早めに病院を受診してください。そうでない生活習慣や体質を原因とする低血圧の場合は、食生活を見直して必要な栄養素をしっかり摂ることである程度の改善が見込めます。

栄養バランスに配慮した食事を摂る

低血圧の改善には必要な栄養素をバランス良く摂り、消化・吸収・代謝機能を高めて、血液の循環を促すことが何よりも大切です。

ダイエットしたいがために無理な食事制限を続けたり、偏食が多かったりすると血圧が下がりやすいので要注意です。必要なタンパク質・ビタミン・ミネラルをしっかり補給できるように、栄養バランスに配慮した食事を摂るように心がけましょう。

 

タケル

なるほど、食生活の改善で低血圧は克服できるんだね。

朝しっかり食べる

血圧が低いと朝すっきり目覚められず、起きても思うように体が動かないので、どうしても食欲が沸いてきません。そのためつい朝食を抜いてしまうことがありますが、朝食を食べないと体温や血圧が上がらず、余計に体が動きにくくなります。

低血圧の人こそ朝しっかり食べる必要があるのです。朝しっかり食べてエネルギーを補給することで、代謝が高まり体も温まって血圧も上がりやすくなります。

 

ユカ

朝食の欠食がこういった問題にもつながるのね。

小まめに水分を補給する

体内の水分が減少すると血液量も減少してしまいます。低血圧の改善には小まめな水分補給が欠かせません。人は寝ている間に200mlもの水分が失われると言われています。朝起きたらまずコップ1杯の水分を補給しましょう。冬場は体を冷やさないように白湯や温かいお茶がおすすめです。

低血圧対策に完全食を活用する

 

低血圧対策に完全食を活用する

低血圧は食生活を見直すことである程度の改善が見込めます。タンパク質・ビタミン・ミネラルをバランス良く摂ることが何よりも大切です。とはいえ細かな栄養計算は面倒ですし、仕事で忙しいと食事に気を配るのが億劫になります。そこで活用したいのが必要な栄養素を過不足なく含む完全食です!

必要な栄養素を過不足なく含む完全食

完全食は人間が生きていくのに必要なタンパク質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラル・食物繊維を過不足なく含む理想の食品です。

栄養バランスが完璧であり、これさえ食べていれば低血圧の原因にもなる栄養の偏りを防ぐことができます。食生活に不安を感じている方は完全食を積極的に活用しましょう!

 

ケースケ

完全食についてはこのサイトの他の記事も読んでみてね!

血液や筋肉を作るタンパク質をしっかり補給できる

低血圧は血液量が減少したり、筋肉が落ちて心臓から送られた血液を押し返す力が低下することで引き起こされます。そこで積極的に摂りたいのが血液や筋肉の材料であるタンパク質です。

完全食はタンパク質を豊富に含んでいるので、必要な量をしっかり摂って低血圧の改善に繋げることができます。

例えば日本でも購入できるBASE PASTAには、1食分に29.9gのタンパク質を含んでいます。これは厚生労働省が設定している1日に必要な量の約1/3に相当します。タンパク質は女性や高齢者か不足しやすい栄養素です。完全食を活用してタンパク質をしっかり補給しましょう!

ビタミンEを適度に摂って血流を促す

ビタミンEには血流を促進する働きがあります。ただしサプリメントで大量に摂取すると、血管が拡張されて逆に血圧が下がってしまうので要注意です。

完全食はビタミンEを過不足なく含んでいるので、血流を促進されることで血行が良くなり、代謝が向上して低血圧の改善に繋げることができます。

例えばBASE PASTAには、1食分に5.1mgのビタミンEを含んでいます。これは厚生労働省が設定している1日に必要な量の約8割に相当します。

 

サヨコ

国内初の主食の開発をしたベースフードの詳しい記事はこちら!

日本発!「主食としての完全食」の完成、ベースフードについて。
日本発!「主食としての完全食」の完成、ベースフードについて。
現在国内ではBASE FOOD(ベースフード)、All-in PASTA、COMP、REATの4つの完全食ブランドが展開されています。今回はその中からベースフードをピックアップして…

ビタミンB群で代謝を高める

低血圧の改善には代謝を高めて血液の循環を促す必要があります。そこで積極的に摂りたいのが、食事から摂取した炭水化物・タンパク質・脂質の代謝に欠かせないビタミンB群です。体型を気にするあまり無理な食事制限を行っている方は、ビタミンB群が不足しがちなので要注意です。

完全食にはこのビタミンB群を満遍なく含んでいます。例えば日本でも購入できるBASE BREADには、1食分にビタミンB1とB6は0.4mg、B2は0.3mg含んでいます。これは厚生労働省が設定している1日に必要な量の約1/3に相当します。

まとめ

 

低血圧は高血圧とは違って命の危険はありませんが、朝が辛かったり、めまいや立ちくらみがしたり、日常生活に大きな支障をきたします。

低血圧は高血圧とは違って命の危険はありませんが、朝が辛かったり、めまいや立ちくらみがしたり、日常生活に大きな支障をきたします。原因は無理なダイエットや偏食など生活習慣によるものから体質的なものまでさまざまです。

心臓疾患など深刻な病気でなければ食生活を見直すことである程度の改善が見込めます。必要なタンパク質・ビタミン・ミネラルをしっかり摂り、消化・吸収・代謝を高めて、血液の循環を促しましょう。そこで活用したいのが必要な栄養素を過不足なく含む完全食です!

 

サヨコ

女性で低血圧に悩む人も多いと思いますが、生活習慣の見直しと完全食を活用を検討してみましょう!