単身赴任の夫の食生活が心配?!完全食をギフトとして贈りましょう!

単身赴任の夫の食生活が心配?!完全食をギフトとして贈りましょう!

4月という新しい節目に家族の元を離れ、単身赴任する人もいると思います。一人暮らしする夫の生活や健康について心配な家族もいることでしょう。今回は単身赴任の夫に完全食をギフトとして贈るメリットについてお話したいと思います。

 

サヨコ

年度が替わる時期に単身赴任を会社から通達される人も多いと思います。今回は家族が単身赴任をサポートするために完全食をギフトで贈るということについて考えてみましょう!

単身赴任者はどんな生活をしているのか?

 

単身赴任者はどんな生活をしているのか?

大きな企業であれば単身赴任は珍しくありません。単身赴任を命じられて働いている人は日本で数十万人はいるでしょう。

単身赴任者でかかる生活費は、4~5万円が一般的な数字です。しかし、子どもがいる家庭だと単身赴任者が週末に帰省する人もいるかもしれません。会社からの帰省代の補助は全額ではないため、生活費を削る工夫が必要となります。

 

タケル

子どもがいる家庭だと単身赴任は本当に大変だよね。

1人で生活をするうえで最も気をつけなければならないのが、食事です。人の体は食べもので構成されています。食事が乱れてしまうと、健康に悪い影響が出てしまいます。

単身赴任者の自炊の頻度は?

単身赴任者の自炊頻度は「毎日」が約25%、2~3日に1回が約30%、全くしないという人が約25%という数字があります。意外と?しっかりと料理をしている単身赴任者は多いようです。

 

ユカ

独身時代に自炊していた人は自炊する傾向にあるみたい。

ケースケ

なるほどね、納得。料理をする習慣がある程度必要なんだな(笑)

初めのうちは、慣れない家事に加え仕事から疲れて帰ってきて、料理まで作るのはなかなか難しいかもしれません。また、だんだんと一人分の食事を作るのは面倒だと感じるようになる人もいるでしょう。

そのため、スーパーやコンビニを利用する人も多いと思います。コストを考えても一人分の食事を作るのと同じくらい安いチェーン店などもあるため、徐々に自炊の頻度は減っていくかもしれません。

しかし、コンビニや外食ではどうしても好きなものを選んで買ってしまうため食事バランスが偏りがちになってしまうでしょう。

 

タケル

スーパーの弁当は閉店間際だと本当に安いよね(笑)

単身赴任するとお酒の量が増える?

家族と離れて暮らす単身赴任者は、ある程度自分で時間をコントロールできます。そのため、会社の同僚と一緒にちょっと一杯、なんてことも多くなるかもしれません。同僚も声をかけやすいという側面もあるでしょう。

また、家に1人でいると食事をおろそかにして、お酒ばかり飲んでしまう、なんていう声も珍しくはありません。寂しさを紛らわすために1人で飲む単身赴任者もいるようです。

アンケート調査ではお酒の量が「増えた」人は全体の1/3になっています。いずれにせよ、単身赴任によってお酒の量が増える傾向があります。

 

ユカ

ある意味1人暮らしに戻る感覚なのかな?

単身赴任の不安は「病気になったとき」

単身赴任になると、自分の健康を気にかけてくれる家族は側にいません。体調が悪いという自覚があっても、つい無理をしてしまうこともあるでしょう。

いざ病気になっても、食事や看病をしてくれたりする家族が側にいないということは、何とも心細い限りです。単身赴任で最も不安になるのは「病気になったとき」というアンケート結果になっています。

単身赴任者の家族の心配はどんなものがある?

 

単身赴任者の家族の心配はどんなものがある?

家族が2重の生活になることで経済的な負担が増えてしまう家庭もあるかもしれません。ある程度会社からの補助があっても食事代、電気代、ガス代、家賃、帰省代などが別にかかるとどうしてもお互いに節約をする必要があるでしょう。

単身赴任がきっかけとなって夫婦のコミュニケーションが疎遠になってしまうのも心配ごとの1つです。一緒に生活をしていれば自然にできていたコミュニケーションも単身赴任の期間が長くなるほどなかなか難しいものです。このあたりはお互いの信頼関係が重要です。

 

ケースケ

最近だと動画通話も無料だから、時間さえあればコミュニケーションは取りやすいよね。このあたりは本当に夫婦の関係性によるね。

また、子どもがいる家庭では、父親の存在がどうしても薄れてしまいがちです。この場合には父親がしっかりとコミュニケーションを意識することが最も重要で、母親も子どもとの会話で父親の存在をしっかりと認識させるように話かけるという工夫も大事です。

栄養のある食事をしっかりとっている?

料理などが趣味であるなどの場合を除き、単身赴任の夫の食生活が心配になる妻は多いでしょう。

前述したようにコンビニやファーストフードばかりを食べ、お酒の量が増えてしまう単身赴任者も少なくありません。必要な栄養をバランス良く摂っているかどうかは、妻としては不安になることもあるでしょう。

健康診断の結果は?

栄養バランスの偏った食事を続けていて、まず痛感するのが健康診断の結果です。ただでさえ、年齢を重ねるごとに健康診断の結果は気になるところですが、単身赴任による栄養バランスの偏った食事で、みるみるうちに健康診断の数値が悪くなる、なんてことも珍しくないのです。

また、生活習慣というのはなかなか改善するのが難しいものです。特に担任赴任者であれば普段から体を動かしたり、睡眠時間をしっかりととって規則正しい生活を意識しなければなりません。

 

サヨコ

健康診断の結果で、生活を見直すというのも重要です!

タケル

だね。

完全食を贈りましょう!

 

メディアでも最近取り上げられることの多くなった完全食はご存知でしょうか?完全食はパンやパスタタイプのものが日本で開発され販売されています。単身赴任者への贈り物としては最適と言えるものです。

完全食とは何か?

完全食とはまさに名前の通り、それだけで人の健康な生活を実現することのできる食べものです。

タンパク質、食物繊維、ビタミンをはじめとする全ての栄養素をバランスよく配合された完全食は、単身赴任者でも、食事を作る手間や時間を大幅に削減し、特別な栄養に関する知識はなくともバランスの良い食事をすることができる食品です。

完全食で解決できること

完全食はコンビニやお惣菜、外食に比べてやや値ははるものの、栄養素をバランスよく配合しています。

さらに、単身赴任で一人、家に帰ってご飯を作る手間や仕事で忙しい中、ご飯を作る時間も省いてくれます。完全食はまさに、単身赴任者の食事バランスを改善してくれ、健康をサポートし、家族の安心を与えてくれるのです。

完全食を贈るというコミュニケーションもある

ベースフード社から販売されている「ベースブレッド」はパンタイプの完全食です。パン1袋(2個)の中に1日に必要な栄養素が1/3入っているため、朝食としては最適です。

 

ケースケ

以前の記事で特集したから読んでみてね!

完全食の始め方、「朝食のベースブレッド」導入編!
完全食の始め方、「朝食のベースブレッド」導入編!
今回は完全食をまだ活用していない人やご家庭のために、朝食のパンに置き換えて完全食「ベースブレッド」の活用を提案していきます。生活のコストパフォーマンを上げるため、ぜひ最後までお付き…

規則正しく健康な食生活を送ってもらうために、毎日朝食に食べてもらうのが非常に有用的といえます。ベースブレッドはそのままで食べられるために忙しい朝には最適でしょう。

毎日のLINEメッセージや通話だけが夫婦のコミュニケーションではありません。新しい健康的な生活の有り方としての完全食を提案するという愛情もあるのではないでしょうか。

まとめ

 

そこで夫婦の愛情表現の1つとして健康的な食べものを贈るというのはいかがでしょうか。

単身赴任者は自分1人で生活をするために、どうしても食生活や生活リズムが乱れがちになってしまいます。そこで夫婦の愛情表現の1つとして健康的な食べものを贈るというのはいかがでしょうか。単身赴任者のアンケートで「家族の大切さを改めて実感するようになった」という意見が約半数ありました。単身赴任を経て新しく生まれる夫婦のコミュニケーションもあるのだと思います。

 

サヨコ

今回は単身赴任の夫婦の関係性と完全食をギフトに贈るということを考えてみました!次回もお楽しみに!